banner

ニーズを理解

ニーズを理解する起業家こそ成功する


「起業家」と呼ばれる人々の多くは、「成功したい」という強い意志を持ち、常に目的意識を掲げてこれをモチベーションとして日々努力しています。しかし、その「目的意識」があまりにも強すぎてしまうと、ともすればそれが「野心」に変わってしまうことも少なくありません。その「野心」がよいほうに転がれば起業で成功をおさめることができるはずですが、しかしもし悪いほうに転がってしまったとすると、残念ながら失敗に終わってしまう可能性は極めて高くなります。そして、そうなってしまったという例は成功例にくらべてはるかに多いと言わなければならないというのが実際のところです。
もちろん、成功例にしても失敗例にしても、そのケースはあまりにも多様であり、単一もしくは特定の原因で成功、あるいは失敗したと説明できるほど起業は簡単なものではありません。ただ、それでも成功するためには最低限必要な条件があります。
それは、「顧客のニーズを深く理解し、顧客本位の経営を心掛ける」ということです。これはどんな職種にも当てはまります。ひいては、起業に限らず、すべてのビジネスで当てはまることであるとも言えるでしょう。
では、そのためには何が必要になるかというと、当然「マーケティング」が必要になります。その経営の範囲が「開発」であれ「製造」であれ、あるいは「販売」であったとしても、経営者である以上マーケティングは必ず必要になります。
特に近年は、顧客のニーズの多様化が顕著です。しかも、求める製品やサービスの質の高さは考えられる以上の水準に達しています。その意味では、企業側が提供するサービス水準が常に顧客ニーズを上回っていなければならないという部分が非常に重要であり、また難しい課題でもあります。しかも、経営を続ける以上この課題は恒久的でなければなりません。
だからこそマーケティングは非常に重要であり、その手法や方法論までしっかりと理解することに関しても、起業の準備段階においてたいへん大きなウェートを占めることになるのです。
以上から、起業家として成功するためには、「顧客ニーズ」をいかに理解できるか、あるいはその変化にいかに柔軟に対応できるかというところが大きいです。そして、そのためにはマーケティングの手法を駆使する必要があるということが肝心です。これはとても基本的なことではありますが、しかしこれの部分がうまくいかなくて成功することができなかったという事例は驚くほど多いのです。

Copyright(c)2014 投資家と起業家の違いAll Rights Reserved.