banner

節税術とは

起業の時に出来る節税術とは


起業の際に、あまり多くの支出を避けたいということで、経営者向けの節税術を行っている企業はとても多いものです。特に起業したては出費を抑えたいと考える人は少なくないでしょうから、これはとても大きな需要ですね。
テクニックとしてはいろいろな種類がありますが、税制をよくチェックしてみると、このような企業の際にいろいろな節税術があるのだということが分かるでしょう。
まずはなんといっても青色申告を行うことでしょう。この場合は青色申告のためにかかる経費や手数料、簿記ソフトウェアの準備費用などもかかりますが、一応そのような各種費用を考えても、実際にはそれなりにプラスになるようになっています。もちろん専門的な知識を身につけるための時間や手間暇はかかりますが、最近では起業家の間ではこの青色申告のほうがベターだということが多いようですね。というのも、白色申告も最近は厳しくなっている傾向がありますので、同じように帳簿をつけるのであれば、控除分が大きいほうがいいということでしょう。
次に必要なのは経費についての知識ですね。これはどのようなものが経費になるかということでとても大きなポイントになっています。この経費については色々なものが経費になりますが、実際にその種類はそう少なくありません。ただし、拡大解釈しすぎてもまた困ったものです。時に税務署が経費だと認めず、税金を追加で払うようなこともあるからです。この解釈については色々なものがありますので、もし必要なのであれば起業家向けの税金についてのセミナー等に参加してみてもいいでしょう。
また、もし起業の時から税務に関しては誰か専門の人に見てもらいたいと考えるのであれば、税理士の中に、このような節税についてのことに詳しい人がいます。最近は特に起業家向けのごく小規模な会社の帳簿対応などもしている税理士の方はいるものですから、ぜひ積極的に相談してみるといいでしょう。ただし、最初の頃の売上などがそう発生しない時にはそこまで重要視されることもありません。
最近は起業家向けの色々なサービスがありますし、また節税についてのサービスもとても幅広くなっています。このような仕事を積極的に行っている人もいますので、最初の相談だけであれば相談料は格安か無料であることが殆どでそう高額にはなりません。積極的に相談していくといいでしょうし、また利用できそうならぜひお願いするというのも手でしょう。

Copyright(c)2014 投資家と起業家の違いAll Rights Reserved.