banner

起業資金調達のサポート

起業資金調達のサポートサービスとは

自ら起業・開業をしたいけれど、その資金調達に悩んでいるという方に是非おすすめしたいのが、資金調達に向けての融資申請サポートサービスです。このサービスでは、資金調達にむけての融資について自身で調査、研究する時間が取れない方や、事業計画書に不安のある方、もしくは融資の申請について不安がありプロに相談してみたいという方が便利に利用できる融資トータルサポートサービスです。対応スタッフは、融資申請の経験者というだけでなく、これまで中小企業を専門とした金融機関出身者がそろっており、素人には見えにくい金融の動向をさまざまな方向から熟知しているので、的確なアドバイスが得られます。また、各金融機関とのつながりを利用し、金融動向の最先端情報を入手しているので、はじめての起業家たちの融資申請も手厚くサポートします。

さて、この融資申請サポートサービスを実際に利用する場合ですが、まず必要になるのは着手金36,750円です。これに、成功報酬として融資額の5%が加算されサポート開始となります。融資希望額が100万円んを超える起業家の方が利用できるサービスであり、起業家自身がおこなう融資会社との面談や審査、申請手続きを分かりやすくサポートし、随時アドバイスします。
手続きの流れは、まずメールやFAXをつかってサービスの申し込みをします。その後メールで打ち合わせを進めます。その間、起業家自身で創業計画書、企業概要書、借り入れ申込書を作成し、それができればメール添付やFAXで書類をサポートサービスに提出します。サポートサービスでは、この提出書類を細かくチェックし、よりスムーズな資金調達を目指します。
そこまでの作業が完了すれば、ユーザーはサポートサービスに規定のサポート料を支払います。支払いが確認できれば、実際の申請書類を作成するにあたって、事業計画、セールスポイントなどを起業家とサポートサービスの2つの視点から綿密に打ち合わせ、分からないこと、不足していることについて適格なアドバイスを得ます。

書類が完成したら、面談審査に向けてのアドバイスを受け、融資会社に書類を提出し、融資申請完了となります。その後無事に融資が実行されると、最後にその成功報酬をサポートサービスに支払い業務完了となります。
起業家たちのスムーズな資金繰りに欠かせない、プロのさまざまな知識と経験、つながりを生かしたアドバイスとサポートがうけられるこのサービスは、より確実で安全な起業の大きな支えとなります。

Copyright(c)2014 投資家と起業家の違いAll Rights Reserved.